ネット印刷とコンビニ印刷のパンフレット作成の違いについて

2022.02.23印刷

ネット印刷とコンビニ印刷

パンフレット作成の際に、どこで印刷すれば良いのかを迷われている方もいらっしゃるかと思います。

印刷を依頼する箇所として思い浮かぶのは、コンビニやネット印刷ではないでしょうか。

本記事では、ネット印刷とコンビニ印刷のパンフレット作成の違いについてご説明します。

 

コンビニ印刷とネット印刷の違いまとめ

コンビニ印刷とネット印刷の違いをまとめると、下記のようになります。

コンビニ印刷 ネット印刷
紙質 家庭用印刷紙 さまざまな印刷紙を選択可能
プリンタ 業務用コピー機 専用印刷機
製本 不可

自分で製本する必要あり

可能
データ USBや保存デバイスで読み込み可能 オンラインで入稿可能
納品形態 紙1枚ずつ 完成品を梱包して納品
印刷量 1枚~ 最低ロットあり
商品 各コピー用紙

はがき など

さまざまな印刷紙を選択可能
納期 コンビニ受け取り 一定期間あり

 

コンビニ印刷のメリット・デメリット

コンビニ印刷のメリットデメリット

こちらでは、コンビニ印刷によるパンフレット作成のメリットやデメリットをご紹介します。

 

メリット

その場で印刷・持ち帰りが可能

自宅や外出先など、職場で印刷機を使用することができない場合でも、コンビニであればその場で印刷し、持ち帰ることができる点はコンビニ印刷のメリットのひとつです。

 

維持費を抑えられる

印刷機を設置する場合、用紙代だけではなく印刷機のリース代、電気代などが発生するので、機器や用紙代を節約できる点はコンビニ印刷のメリットといえます。

 

デメリット

用紙を選べない

コンビニ印刷の場合、A4やB5など用紙が指定されていることが多いので、一般的ではない規格の用紙を使用することができません。

複数回折り曲げることがある、片方の辺が長いパンフレットに対応できないことは、コンビニ印刷のデメリットであるといえます。

 

完成品が限定される

両面印刷や折り曲げ加工ができないことも、コンビニ印刷のデメリットであるといえます。

用紙を持ち込むことが可能であっても、思い通りの印刷物にならないこともありますので、コンビニ印刷を利用する際は注意しましょう。

 

ネット印刷のメリット・デメリット

ネット印刷のメリットデメリット

こちらでは、ネット印刷によるパンフレット作成のメリットをご紹介します。

 

メリット

完成品のクオリティが高い

ネット印刷はお客様からデータを受け取って印刷物を作成する、プロの業者です。

そのため、お客様がイメージした通りの印刷物を作成することができます。

 

インターネット環境があれば、いつでもどこでもオーダーができる

オフィスや自宅など、インターネットを使用することができる環境であれば24時間いつでも、どこでもオーダーができる点もメリットであるといえます。

 

デメリット

校正に時間がかかることがある

ネット印刷の場合、印刷物を確認してもらうためにお客様のもとへ発送しなければなりません。

印刷物がお客様の手に届き、現物を確認してから校正を行う場合は、さらに完成品が届くまでの時間がかかります。

校正を行うことも考えて、あらかじめ完成品が手元に届くまでの納期に余裕を持っておくことで遅れを防ぐことができます。

 

印刷会社によっては提案を受けられない

ネット印刷業者によっては、印刷物に関する提案をしてくれない、提案をしてくれても別料金が発生する場合があります。

デザインや完成品に不安があるようでしたら印刷を依頼する際に、あらかじめ提案を受けることができるかを確認しておきましょう。

 

おわりに

本記事では、ネット印刷とコンビニ印刷のパンフレット作成の違いについてご説明しました。

コンビニ印刷、ネット印刷ともにさまざまなメリットやデメリットがあります。

イメージ通りの印刷物が必要な場合は、プロの業者であるネット印刷会社にオーダーしてみてはいかがでしょうか。

印刷技術と対応力 いろぷり

タグ : コンビニ ネット パンフレット 印刷
The following two tabs change content below.
いろぷりこらむは100年を超える印刷実績をもとに印刷やデザインについてのお役立ち情報を発信していきます。