折りパンフレット印刷とは?用途や折り方

2021.07.19印刷

折りパンフレット

「折りパンフレット印刷」という印刷方法を聞いたことはあるでしょうか?

会社案内・観光パンフレットなど「紹介用のチラシ」という役割で使われていることが多いです。

またその折り方にも非常にさまざまな種類があり、印象が大きく変わってきます。

今回は「折りパンフレット印刷」について、折りパンフレットの用途や折り方の種類も併せてご紹介していきます。

 

「折りパンフレット印刷」とは?

「折りパンフレット印刷」とは、1枚の紙を折ることによって仕上げることができる印刷物の印刷を表しています。

無線綴じ冊子・中綴じ冊子といった製本方法で作られたパンフレットもありますが、複数ページを使って仕上げているという点が違いとして挙げられるでしょう。

「1枚の紙を折る」と言っても、「二つ折り」「巻き三つ折り」「Z折り」「観音折り」などその折り方にはいくつか種類があります。

折り方によってパンフレットの印象も大きく変わってきます。

ページ数が同じものであっても折り方が異なるだけで見せ方も違ってくるのが「折りパンフレット印刷」の魅力だと言えます。

 

折りパンフレットの用途は?

折りパンフレットの用途

折りパンフレットは会社案内・会社資料・サービス資料・製品案内・観光パンフレットなどの簡単なパンフレットとして多くのシーンで使用されています。

折りパンフレットは、製品やサービスを複数掲載しているカタログとは違い、1つの製品やサービスについて詳細情報をまとめている場合が多く、展示会などのイベントで大量配布する際などに使用されます。

 

【折りパンフレット印刷】折り方の種類について

折り方の種類

そんな折りパンフレット印刷で用いられる、パンフレットの折り方の種類について代表的なものをいくつか見ていきましょう。

 

二つ折りパンフレット(4ページ)

1枚の紙の長辺と長辺を合わせるように中央で半分に折るという一番ポピュラーな折り方になります。

仕上がりイメージもつきやすいことから、簡単に作成することができます。

 

片袖折りパンフレット(6ページ)

2つの箇所に折る位置を指定し、山折り・谷折りを交互にして折る折り方です。

少し珍しい折り方と言えるかもしれません。

 

巻き三つ折りパンフレット(6ページ)

長辺を3つに分けたのち、3面のうち1面を内側に折り込むことによってコンパクトにします。

折り込む面は他の面に比べると短くなるという特徴があります。

 

Z折りパンフレット(6ページ)

3つに分けたうちの1辺を「Z」の文字のようにして畳み込んで折る「Z折り」です。

観光パンフレットなどにも多く採用されている折り方です。

 

観音折りパンフレット(8ページ)

長辺を4つに分けたのち、紙の両端部分を内側に折り、それをさらに2つに折るという折り方です。

内側に折り込む2つの面は他2面に比べると短くなるという特徴があります。

 

巻き四つ折りパンフレット(8ページ)

長辺を中央で2つに折り、それをさらに同方向に2つに折るという折り方です。

8ページ分を1枚にまとめるという形で印刷ができるのです。

 

十文字折りパンフレット(8ページ)

長辺を中央で2つに折り、さらに直角に交わるような方向で2つに折る折り方です。

表と裏面で合計8ページのデザインが印刷できます。

 

おわりに

今回は「折りパンフレット印刷」について、折りパンフレットの用途や折り方の種類も併せてご紹介しました。

折りパンフレット印刷は複数の紙を使って作るのではなく、1枚の紙を折ることでページ数を多くすることができる簡易的なパンフレット印刷なのです。

折り方の種類にはさまざまなものがあり、どの折り方を選ぶかによっても印象が大きく変わってきます。

イメージに沿った印刷物になるよう、じっくり吟味してみてください。

印刷技術と対応力 いろぷり

タグ : パンフレット 印刷 折り
The following two tabs change content below.
いろぷりこらむは100年を超える印刷実績をもとに印刷やデザインについてのお役立ち情報を発信していきます。