旅行パンフレット作成時のおすすめデザインや折り方についてご説明

2022.03.31印刷

旅行パンフレットのデザイン

旅行会社にとって、各地の魅力を伝えるパンフレットは収益を左右する重要な販促商品のひとつです。

プロモーション担当の方の中には「なかなかお客様が集まらない」といった悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。

そのような場合、パンフレットのデザインや構成を変えることで、集客が改善できる可能性があります。

本記事では、旅行パンフレット作成時のおすすめデザインや折り方についてご説明します。

旅行パンフレットのデザインを考える際のポイント

旅行パンフレットのデザインを考える際には、下記3点を押さえましょう。

写真

パンフレットに掲載する写真は行き先や季節によってテーマを変えましょう。

たとえばグルメをテーマとする場合は旅行先のおいしそうな特産物が映ったものを、自然をテーマとする場合は海や山といったおすすめスポットの写真などが挙げられます。

風景の写真を使用する場合は、開放感がある晴れた日の写真を使用しましょう。

キャッチコピー

短い文章で魅力を伝えるキャッチコピーも、パンフレットのデザインを考える上では重要な要素のひとつです。

キャッチコピーは同じ旅行先でもターゲットによって訴求内容を変えることで、対象のターゲットを集客することができます。

たとえば高額な旅行費用を出すことができないことが多い若年層の場合は「今だけの格安価格」や、時間に余裕がある熟年層の場合は「旬の食べ物をゆっくり満喫」といった訴求が有効です。

印刷クオリティ

写真やキャッチコピーが良くても、紙質や印刷のクオリティが高いものでなければ思ったように集客ができないこともあります。

費用を抑えるために安価なパンフレットを作りたいところですが、高品質の用紙や鮮明な写真などを使用したクオリティの高いパンフレットを作成したほうが、集客できる可能性は高くなります。

旅行パンフレットの折り方を考える際のポイント

旅行パンフレットの折り方

一般的な旅行パンフレットは、2つ折りのものや3つ折りのものが多い傾向にあります。

2つ折りの場合は1面あたりが大きく、それに比例して使用する写真や文字のサイズも大きくすることができます。

3つ折りのパンフレットは1面を内側に巻き込んだ折り方のものや、アルファベットの「Z」の形で折ったものなどがあります。

そのため、3つ折りのパンフレットはコンパクトで持ちやすいという特徴があります。

いずれの折り方でも、表紙には対象となる旅行先でも有名だったり人気だったりするエリアの写真やキャッチコピー、旅行費用などを記載します。

パンフレット内にはプランの詳細や季節ごとの楽しみ方など、お客様が旅行先で何ができるかがイメージしやすいものを掲載します。

先述の通り、同じ旅行先でも対象となるターゲットによって訴求内容を変えることにより、集客できるお客様が変わるため、1つのエリアでも複数のパンフレットを制作して訴求することも必要に応じて検討するようにしましょう。

旅行パンフレット印刷までのフロー

旅行パンフレット印刷まで

こちらでは、旅行パンフレットを外注する際の、印刷までのフローの一例をご紹介します。

1. 大きさ・種類を選ぶ

パンフレットの大きさを選びます。

一般的なパンフレットは、A4やA5といった、A判の用紙を使用します。

B5も見かけることがあるかと思いますが、カタログが多い傾向にあります。

2. 印刷仕様を選ぶ

パンフレットの折り方を選びます。

2つ折りなのか、3つ折りなのか、3つ折りの場合は巻き折りなのかZ折りなのかを、パンフレットの校正を元に考えましょう。

3. 用紙を選ぶ

コート・マット加工といった紙の表面に施す加工や、用紙の厚さを決めます。

ネット印刷業者によってはカタログ用紙・パンフレット用紙を用意しているところもあります。

4. オプションを選ぶ

データの入稿方法や納品方法などを指定します。

「〇枚ごとにまとめる」といった指示も、オプション内で出すことがあります。

おわりに

本記事では、旅行パンフレット作成時のおすすめデザインや折り方についてご説明しました。

旅行パンフレットを作成する際には、使用する写真やキャッチコピー、印刷クオリティに注意しましょう。

ターゲットに合った最適な内容で訴求することにより、多くのお客様を集客することができます。

印刷技術と対応力 いろぷり

タグ : パンフレット 印刷 旅行
The following two tabs change content below.
いろぷりこらむは100年を超える印刷実績をもとに印刷やデザインについてのお役立ち情報を発信していきます。