チラシ印刷に使用される「コート紙」とはどんな紙?用途・特徴は?

2021.11.14印刷

コート紙

チラシには「コート紙」という紙の種類が用いられていることが多いです。

よく耳にする紙の種類ではあるものの、どういった特徴をもっているのかあまりよく知らない…という方も少なくないでしょう。

今回はチラシ印刷に使用される「コート紙」とはどんな紙なのか、またコート紙の特徴やその用途についてもあわせてご紹介していきます。

 

チラシ印刷に使用される「コート紙」とは?

「コート紙」とはさまざまな用紙の種類がある中でも、一番ポピュラーで使用用途が幅広い用紙の種類になります。

一般的なチラシや広告、フライヤーなどの印刷物によく用いられており、ツルツルとした光沢感のある表面をしているのが特徴的です。

印刷発色が良いため、写真や画像を載せる際には色が美しく映えるでしょう。

コート剤・クレーといったものを用いて、原紙である上質紙や中質紙の紙表面をコーティングすることで作られる用紙になります。

さまざまな印刷物に用いられている、オーソドックスな用紙の種類です。

 

コート紙の特徴

コート紙の特徴を下記にいくつか挙げてみました。

 

・光沢感があり、印刷物の見た目が良い

・乾燥するのも早いため、印刷工程も短め

・紙表面がツルツルと滑らかであるため、写真・イラストなどの色味が綺麗

・比較的低価格での印刷が可能であり、部数・ページ数が多い印刷物に適している

・厚みを使い分ければ、表紙・本文ページどちらにも使うことができる

 

チラシ以外にもある!コート紙の用途

コート紙の用途

コート紙は色の再現度が高い用紙であるため、カラーで写真・イラストなどを印刷する際にはおすすめです。

一般的なコピー用紙で用いられている上質紙にカラー印刷を行った場合、色が沈み、暗くなってしまうのですが、コート紙は表面をコーティング剤で覆っているため「色が沈む」ということはありません。

そんなコート紙が使われている印刷物として代表的なのは、チラシ以外にフライヤー、パンフレット、冊子本文・冊子表紙といったものが挙げられます。

 

コート紙は紙の厚さによって使い分ける

厚さで使い分ける

コート紙は紙の厚さによって使い分けることが大切です。

以下に、よく使用されている4つの厚みのコート紙を取り上げてご紹介していきます。

各種類に用いられている「kg」は、紙1,000枚分の重さを表しています。

 

コート紙73kg

70㎏はレシート・新聞紙くらいの厚さになります。

こちらの厚さのものは、チラシの中でも薄めのチラシの印刷に適していると言えます。

 

コート紙90 kg

90㎏はコピー用紙の厚みとほぼ同じです。

しかし厚みは同じであってもコート紙は高密度で重みがあるため、コピー用紙よりも高級感

がでるうえ、裏写りもあまり気になりません。

少し厚めのチラシやフライヤーなどに適していると言えます。

 

コート紙110 kg

110㎏は厚めではありますが、紙がめくりにくいということもありません。

この厚みになると高級感・重厚感をもたせることができます。

商品カタログ・会社案内・作品集・写真集といった、少ししっかり目の製本を作る際に用いられることが多いです。

 

コート紙135 kg

製本の表紙にはより厚みのある135㎏が選ばれることが多いです。

ページ数がそれほど多くないものであれば、商品カタログ・写真集などの本文用紙として使われることもあります。

卒業アルバムなどであれば、本文用紙をこちらの135㎏にしても良いかもしれませんね。

 

おわりに

今回はチラシ印刷に使用される「コート紙」とはどんな紙なのか、またコート紙の特徴やその用途についてもあわせてご紹介しました。

光沢感のある紙表面をしているのが特徴的な「コート紙」。

チラシに限らず、広告・フライヤー・パンフレットなどの印刷物にも用いられていることが多いです。

厚みによってさまざまな用途に用いることができるため、希望にあわせて適した厚みを選ぶようにしてみてください。

 

印刷技術と対応力 いろぷり

タグ : コート チラシ 印刷
The following two tabs change content below.
いろぷりこらむは100年を超える印刷実績をもとに印刷やデザインについてのお役立ち情報を発信していきます。