印刷時に知っておきたいパンフレットとリーフレットの違いについて

2021.10.16印刷

パンフレットとリーフレット

「パンフレット」というものは皆さんお馴染みの印刷物であるかと思います。

では、「リーフレット」という印刷物をご存じでしょうか?

リーフレットは私たちの身近にあるものなのですが、あまりその名については知られていないことも多いです。

今回は印刷時に知っておきたいパンフレットとリーフレットの違いについて、それぞれのメリットも併せてご紹介していきます。

 

パンフレットについて

パンフレットはページを開いた際にバラバラになってしまわないよう、冊子の中心部分の折り目に沿って綴じ加工が施されているものを指します。

複数枚の用紙で作られており、文字での情報に加えて画像・イラストといったものが掲載されています。

主な用途としては、製品のカタログ・サービス紹介・企業の会社案内・学校案内などが挙げられます。

少しボリュームのある情報量を掲載する際にパンフレットが作られることが多いです。

 

 

リーフレットについて

リーフレットについて

リーフレットは1枚刷で印刷された印刷物です。

その1枚用紙をいろんな折り方で折り込むことによって完成します。

折り方としては、2つ折・3つ折・観音折・外4つ折などさまざまなバリエーションがあり、掲載する情報量やレイアウトを踏まえて使い分けされています。

大型ショッピングモールやテーマパークでの案内用アイテムとしてリーフレットが活用されていることが多いです。

この1枚に載せることができる情報は限られているため、基本的にはそれほどたくさんの情報は載せられません。

ただページ面を増やす事ができる折り方もあるため、掲載情報を内容別や項目別に細かく分けて載せることも可能です。

そうは言ってもやはり1枚用紙であることに変わりはないため、リーフレットを作る際にはできる限り掲載する情報を選んで載せるようにしましょう。

 

 

【パンフレットとリーフレット】それぞれのメリットは?それぞれのメリット

パンフレットとリーフレットのそれぞれのメリットを見ていきましょう。

 

パンフレットにするメリット

複数ページのあるパンフレットは、1枚用紙のリーフレットに比べるとたくさんの情報を掲載することが可能です。

文字数を多くすることはもちろん、画像サイズを大きくする、画像枚数を多くすることもできます。

とくに会社案内・商品カタログ・旅行会社では、画像の有無やサイズ感は非常に重要なポイントになります。

「綺麗な写真を大きく載せたい」「会社の魅力や様子をさまざまな写真で伝えたい」といった場合には、リーフレットではなくパンフレットを選択するようにしましょう。

 

リーフレットにするメリット

リーフレットの場合、折る回数が多いほど、より多くの情報を掲載することができます。

多くの情報を載せようとするとどうしても印刷物全体のサイズも大きくなってしまうのですが、リーフレットの場合はコンパクトかつスリムに折りたたむことができる形状になっているため印刷物全体のサイズ感はそれほど大きくなりません。

小さいバッグやズボンポケットなどに折りたたんでしまっておくこともできます。

リーフレットは設置に広いスペースを必要とはしないため、受付・レジ横など隙間的なスペースにも安易に設置することができるという魅力があります。

ほどよい情報量をコンパクトに掲載できるリーフレットは、優秀な広告媒体として広く知れわたり、さまざまな場所で見かけるようになりました。

 

 

おわりに

今回は印刷時に知っておきたいパンフレットとリーフレットの違いについて、それぞれのメリットも併せてご紹介しました。

「リーフレット」という言葉を初めて聞いた方もいるでしょう。

パンフレットは複数ページにわたる冊子、リーフレットは1枚用紙のコンパクトな印刷物です。

パンフレットとの違いを知って、その用途を使い分けしてみてくださいね。

 

 

印刷技術と対応力 いろぷり

タグ : パンフレット リーフレット 印刷
The following two tabs change content below.
いろぷりこらむは100年を超える印刷実績をもとに印刷やデザインについてのお役立ち情報を発信していきます。