パンフレットの作成ソフトを紹介!印刷会社への入稿のポイントも解説

2022.06.02印刷

パンフレットの作成ソフト

パンフレットを作成する際には、見た人が分かりやすいように文字だけではなくイラストや図などを用います。

作業がしやすく、イメージ通りのものを制作するためにはどのようなソフトを使えば良いのでしょうか。

本記事では、パンフレットの作成ソフトと印刷会社への入稿ポイントを解説いたします。

 

パンフレットの作成ソフト

パンフレットの作成にはさまざまなソフトがありますが、本記事では一般的に使用頻度が高いIllustrator(イラストレーター)とPower Point(パワーポイント)をご紹介します。

 

Illustrator(イラストレーター)

Illustratorとは、アドビ株式会社が販売するデザインソフトです。

テキストと画像を組み合わせたレイアウトの作成や、線や図形を組み合わせたイラストの作成といったデザインに関するさまざまな作業を行うことができます。

使いやすいだけではなくデザインの自由度が高いため、一般的にパンフレット制作時にはIllustratorが使われます。

また、多くの印刷業者でも標準形式として採用されているため、デザイン通りのパンフレットを印刷することができます。

 

Power Point(パワーポイント)

Power Pointはマイクロソフト社が開発・販売するソフトで、一般的にはプレゼンテーションや提案時に使われます。

Windowsの中には標準装備されているものも多いため、一度でも目にしたことがある会社員の方も多いことでしょう。

そのようなPower Pointは、実はパンフレットを制作する際にも使うことができます。

Illustratorと比べてPower Pointはイラストや図表などの扱いが手軽で、簡単にパンフレットを制作することができます。

また、Power Pointは白紙のページをワンクリックで追加することができるため、ページの差し込みを簡単に行うことができる点もメリットであると言えます。

Power PointもIllustratorと同様に、多くの印刷業者で採用されている形式のため、デザイン通りのパンフレットを制作することができます。

 

イラストが多いパンフレットの場合

イラストが多いパンフレットの場合

イラストが多いパンフレットを制作する場合、Illustratorが向いています。

先述の通り、Illustratorはデザインの自由度が高いため、テキストと画像を組み合わせたレイアウトの作成や、線や図形を組み合わせたイラストの作成などを簡単に行うことができます。

Illustratorを使用する際には、ページ管理機能がないため1ページずつデータを作成しなければならない点には注意しましょう。

ページ数が多くなると全体イメージの把握や修正が難しくなるため、Illustratorイラストを多用する、ページ数が少ないパンフレット制作に向いていると言えます。

 

文章が多いパンフレットの場合

文章が多いパンフレットを制作する際には、Power Pointがおすすめです。

デザインで視覚的に訴えるものよりも、じっくり読んでもらいたいものを制作する場合、ページごとの統一感や余白などを調整しやすいソフトが向いています。

Power Pointを使用する際の注意点としては、複雑なデザインが難しいことが挙げられます。

イラストや図表は簡単に扱うことができますが、Power Point上ではデザインが限定されてしまうため、別のソフトで作成したデザインを使いましょう。

 

印刷会社へ入稿するときのポイント

入稿するときのポイント

印刷会社へ入稿する際には、必ず使用したソフトの形式を使えるかを確認しましょう。

指定した形式以外のソフトを送付した場合、文字化けやイラストのズレといった、希望通りの形式で仕上がらないことがあります。

そのため、印刷業者を選定する際には、あらかじめ指定形式での制作は可能なのかを確認しておきましょう。

 

おわりに

本記事ではパンフレット作成時に使用するソフトや印刷業者への入稿ポイントをご説明しました。

パンフレットを作成するソフトは、主にIllustratorやPower Pointが使われます。

制作するパンフレットの形式に合わせて、最適なソフトを使いましょう。

 

印刷技術と対応力 いろぷり

タグ : ソフト パンフレット 作成 印刷
The following two tabs change content below.
いろぷりこらむは100年を超える印刷実績をもとに印刷やデザインについてのお役立ち情報を発信していきます。