紙媒体を使うメリット・デメリット|電子媒体と徹底比較【ネット印刷】

2022.06.02印刷

紙媒体のメリット・デメリット

近年、電子媒体を積極的に使用する業者が増加する傾向にあります。

紙媒体と電子媒体ではそれぞれどのような特徴があり、また今後紙媒体の書籍はどうなるのでしょうか。

本記事では、紙媒体を使うメリット・デメリットを電子媒体と比較してご紹介します。

 

紙媒体のメリット・デメリット

こちらでは、紙媒体が持つメリットとデメリットをご紹介します。

紙媒体のメリット

保管がしやすい

紙媒体は物理的に手元に残るため、保管がしやすいと言えます。

保管した紙媒体からすぐに情報や連絡先を確認できる点は、紙媒体のメリットと言えます。

 

記憶に残りやすい

一般的に、紙媒体は電子媒体と比べて記憶に残りやすいと言われています。

また、マーカーで重要事項に線を引いたりメモを書いたりしやすい点もメリットであると言えます。

 

情報が正確

紙媒体は修正箇所があると、自主回収して再度出版しなければならないため、多くの社員によるチェックを通ってから印刷されます。

そのため、紙媒体には正確な情報が記載されていることが多く、情報の信憑性が高い点もメリットとして挙げることができます。

 

電子媒体を使えない人でも情報を入手することができる

情報収集をする人の中には、電子機器の取り扱いに慣れていない方もいることでしょう。

紙媒体であれば、そのような方でも電子機器を使わずに情報を入手・閲覧することができます。

 

紙媒体のデメリット

電子媒体と比べて情報を提供するスピードが遅い

紙媒体は発行するまでに時間がかかるため、電子媒体と比べてリアルタイムでの情報発信ができません。

 

情報量が限られる

紙媒体は指定サイズの用紙に文字や図表、画像を印刷するため、掲載できる情報に限界があります。

そのため、デザインの段階で何をどのように書くべきなのか、細部に至るまで決めておかなければなりません。

 

かさばる

紙媒体は複数枚集まるとそれなりの厚さになるため、持ち運びの際には不自由となります。

大量の資料やカタログなどを持ち運ぶと重たくなるため、移動がしにくくなる点には注意が必要です。

 

電子媒体のメリット・デメリット

電子媒体のメリット・デメリット

こちらでは、パソコンやスマートフォン、タブレットといった電子デバイスで情報を閲覧する際のメリット・デメリットをご紹介します。

 

電子媒体のメリット

大量の情報を手軽に持ち運ぶことができる

電子媒体は、本体やクラウド上にデータを保存するため、1つの端末で複数の書籍を持ち運ぶことと同等の扱いができます。

 

書店に行かなくても読むことができる

電子媒体は発行の必要がないため、タイムラグなく情報を入手することができます。

紙媒体の書籍の場合、書店に行ってから読むだけではなく、持ち運ばなければ読めないといった点がデメリットとなります。

1つの端末で複数の書籍を書店に行かなくても購入・持参をすることができる点は電子媒体のメリットと言えます。

 

サブスクリプションを利用してお得に読むことができる

電子媒体の中には、定額で何冊でも読書が楽しめる「サブスクリプション」というものがあります。

サブスクリプションを利用することで、書籍を購入するも費用を抑えて好きなだけ読書を楽しむことができる点は、電子書籍の大きな強みと言えます。

 

電子媒体のデメリット

配信業者が書籍データを削除すると読めなくなる

電子媒体の場合、配信業者がデータを削除すると情報を見ることができなくなります。

そのため、紙媒体のように長期保管が難しい場合がある点は電子媒体のデメリットとなります。

 

ブルーライトの影響で目が疲れやすい

電子デバイスの画面からは、目に負担を与える「ブルーライト」という、目に見えない光が発せられています。

ブルーライトを見続けると、視力の低下や目の疲れといった症状の原因となります。

 

充電に気を付けなければならない

電子媒体の場合、それらを閲覧するために必要な電子デバイスの充電が切れてしまうと読むことができません。

充電が切れてしまった場合は充電をすれば再度閲覧することができますが、外出先に都合よくコンセントが見つからない、使えない場合があるため注意が必要です。

 

紙媒体は今後どうなっていくのか

紙媒体の今後

印刷・広告業界といったさまざまな業界において、近年では電子媒体にも注力をしている傾向にあります。

しかし、紙媒体には紙媒体にしかないメリットがあるため、需要がゼロになるということは考えにくいです。

配信するコンテンツに合わせて紙媒体と電子媒体、それぞれのメリットを活かしてより高い成果を得られるように考えましょう。

 

おわりに

本記事では紙媒体と電子媒体それぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。

近年ではさまざまな業界において電子媒体に注力をする傾向にあります。

しかし紙媒体・電子媒体それぞれに特徴があるため、シーンごとに使い分ける必要があります。

どのような人に見てほしいのか、どのようなものを見せたいかによって、紙媒体と電子媒体を有効に活用しましょう。

 

印刷技術と対応力 いろぷり

タグ : ネット メリット 印刷 媒体
The following two tabs change content below.
いろぷりこらむは100年を超える印刷実績をもとに印刷やデザインについてのお役立ち情報を発信していきます。