冊子印刷とは?冊子の綴じ方にも種類がある

2021.07.19印刷

冊子印刷

「冊子印刷」という言葉をご存知でしょうか?

雑誌やパンフレット、カタログなど多くの印刷物に使用されている印刷方法です。

そんな冊子印刷を行う際に注目していただきたいのが、「冊子の綴じ方」です。

今回は冊子印刷について、冊子の綴じ方の代表的な種類も併せてご紹介していきます。

 

「冊子印刷」とは?

冊子印刷とは

冊子印刷とは、表紙と本文で構成されている本や束状になった印刷物の印刷を意味しています。

主にページ数が少なめの印刷物に適していますが、綴じ方次第ではページ数の多いものにも対応することができます。

代表的なものを挙げるとするならば、教科書・問題集・パンフレット・取扱説明書などが冊子印刷の対象になるでしょう。

モノクロ・フルカラーどちらの印刷でも対応することができます。

以前は高額な印刷物とされていましたが、現在では印刷機械が普及し始めたことにより、比較的安い料金で制作することができるようになりました。

中でも版が不要なオンデマンド印刷を導入することによって、安価でも迅速に冊子印刷を行うことが可能になりました。

ただ冊子のページ数やサイズ感によって料金も大きく異なるため、用途に合わせて選定することをおすすめします。

 

【冊子印刷】冊子の綴じ方にも種類がある

綴じ方の種類

冊子印刷を依頼する際に、決めておく必要があるのが冊子の綴じ方です。

冊子の綴じ方にはいくつか種類があるため、どのようなものに仕上げたいのかによってその綴じ方も異なってきます。

 

無線綴じ冊子

冊子の綴じ方として定番とされているのが「無線綴じ」です。

無線綴じとは、冊子にするページを順番に1枚ずつ重ねた後、専用の糊を使って背表紙部分を綴じ、最後に表紙で包むという製本方法になります。

背表紙の部分に糊付けできるほどの面積が必要になるため、どちらかというとページ数が多い冊子に適した方法だと言えます。

たとえば教科書・問題集・カタログ・電話帳などのページ数が多めの冊子でも、強度を保つことができるため、無線綴じが採用されているのです。

ただ無線綴じの冊子はページを開く際、ページとページの境目部分が完全に見開けないため、デザインするレイアウトによっては背表紙側の部分が見えにくくなります。

そのため作成する場合は、あらかじめ背表紙分のスペースを空けておき、本文・写真・図などを挿入していくという流れがおすすめです。

 

中綴じ冊子

見開いた状態の紙を2つに折って、真ん中部分をホッチキスなどの針金を使って綴じるという製本方法を「中綴じ」と言います。

無線綴じとは異なりページを順番に重ねるわけでは無いため、印刷する前に順番を決めて、ページ数をきちんと割り振らなければなりません。

用紙1枚につき4ページ分ができるため、冊子全体で見ると4の倍数のページ数になるという特徴があります。

真ん中部分を綴じるため、ページ枚数が薄めの冊子に適していると言えます。

具体的には雑誌・取扱説明書・社内報などが挙げられるでしょう。

そのほかカタログ・パンフレットなどもあり、非常に幅広く対応することができます。

完全にページを見開けるため、写真や図を大きく見せたい時におすすめだと言えます。

 

おわりに

今回は冊子印刷について、冊子の綴じ方の代表的な種類も併せてご紹介しました。

冊子は表紙と本文で構成され束状の印刷物を指し、冊子印刷はその冊子を印刷することを表しています。

パンフレットや雑誌などを制作する際などに取り扱われている印刷方法になります。

また、冊子の綴じ方として代表的なものには「無線綴じ」と「中綴じ」の2種類が挙げられました。

用途に合わせて適切な綴じ方を選定し、素敵な印刷物に仕上げられるようにしてみてください。

印刷技術と対応力 いろぷり

タグ : 冊子 印刷 綴じ方
The following two tabs change content below.
いろぷりこらむは100年を超える印刷実績をもとに印刷やデザインについてのお役立ち情報を発信していきます。