ネット印刷の依頼時は著作権にも注意してデータ作成や印刷をしよう

2022.03.31印刷

ネット印刷による著作権

お客様の目を引く印刷物を作成するために、デザイナーはさまざまなイラストを使用します。

自分でイラストを作成しない場合は、インターネットなどで印刷物に合った画像を取得することもあることでしょう。

しかし、それは誰かの所有物ではないでしょうか。

本記事では、ネット印刷の依頼時に注意をするべき著作権についてご説明します。

著作権とは?

著作権とは、文芸・学術・美術・音楽を対象とした著作物や、それらを作成した著作者、権利を所有する企業を保護するための権利です。

具体的に著作物とは、著作者の考えや感情を絵や文章、音声で表現したものです。

そのため、加工前のデータやアイデア自体は著作物に含まれません。

対象となる著作物には小説や音楽、イラスト、漫画などが含まれており、無断で使用すると著作権法違反により罰せられます。

著作権は著作物を無断で使用されることによる、著作者の損害を防ぐために制定されています。

そのため、著作物を使用する場合は、著作者や著作権を所有する企業に使用料を支払わなければなりません。

制作したものの著作権を取得する場合は、特許庁や文化庁など行政機関に届け出を出し、承認されなければなりません。

手続きの完了と同時に著作権が有効になるため、第三者が無断で自分の著作物を使用していた場合は差し止め依頼や排除をすることが可能です。

また印刷だけではなく、インターネット上で誰もが閲覧可能な状態で公開することも著作権法違反となります。

著作権に抵触する印刷物

著作権に抵触する印刷物

こちらでは、著作権に抵触する印刷物をご紹介します。

手書きの作品

漫画家のイラストやライターが作成したデザインなど、手書きの作品は著作権に抵触する可能性が高いものです。

インターネット上ではイラストレーターなどがイラストなどをアップしているため混同する方もいますが、持ち主の許可なく使用することは控えましょう。

有名人の写真

インターネット上や書籍に掲載された有名人の写真を無断で使用することも著作権法に抵触します。

ただしアイドルのコンサートに行く際などに持参する、自作のうちわやグッズなどは個人使用であるため、著作権に抵触しない可能性が高いです。

自作グッズを配布、譲渡してしまった場合は著作権に抵触してしまうため注意しましょう。

フリー素材

フリー素材については、取得元の情報をよく確認しておくことで著作権の侵害を避けることができます。

たとえば「営業での利用禁止」や「使用時は著作者に連絡をする」といったルールがあった場合、それらを遵守しなければなりません。

個人利用なら著作権侵害にはならない?

個人利用の著作権

結論、個人利用なら著作権の侵害にはなりません。

たとえば有名人の写真を印刷し、それを家の壁に貼り付けることは自分が楽しむために行っているため著作権に抵触しません。

ただし、その写真を友人に配布・譲渡したり、販売したりすると著作権侵害となり、損害賠償請求などに発展する可能性があります。

配布することが多い印刷物の中には、新聞の切り抜きが含まれます。

実は新聞の切り抜きをコピーし、知人や社内に配布・共有する行為は著作物の複製にあたるため、著作権法の侵害となります。

新聞紙はその日の情報を提供することで収益を得るための媒体で、ライターが事実と合わせて考察を記載することもあるため、著作物となります。

おわりに

本記事では、ネット印刷の依頼時に注意をするべき著作権についてご説明しました。

著作権とは、著作者と著作物双方の権利を守るもので、著作権法に抵触すると損害賠償請求などに応じなければなりません。

著作者や著作者の権利を侵害しないように、印刷物に掲載するイラストやデザインにも気を配りましょう。

印刷技術と対応力 いろぷり

タグ : ネット 印刷 著作権
The following two tabs change content below.
いろぷりこらむは100年を超える印刷実績をもとに印刷やデザインについてのお役立ち情報を発信していきます。